病院に行くと基本的な不妊に関する検査をします。

そこで原因がわかる方もいますが、実は原因不明の方が多いのです。

そして、検査と平行して治療が始まる事も多いです。

 

病院に行くとあれよあれよと言う間に体外受精をさせられてしまう・・・と不安になってなかなか病院に行けないという場合もあります。

しかし、多くの病院では無理に体外受精を行うという事は基本ありません。

もし、ご自身が「人工授精まで」とか「タイミングでしばらく続けたい」という希望があるのであれば、病院側にその意思を伝えてください。

その検査の結果次第では、どうしても体外受精の方が良い場合もあるかもしれません。

それで高度な不妊治療をするのかしないのかを決めるのはご自身の自由です。

・排卵因子

・卵管因子

・子宮因子

・男性因子

・その他に関する因子

・排卵誘発剤

・卵胞・黄体ホルモン剤

・卵胞ホルモン剤

・黄体ホルモン剤
・GnRH剤(LHサージ抑制剤)

・男性不妊の薬

・漢方

・血液、ホルモン検査

・超音波検査

・抗精子抗体検査

・子宮頸管粘液検査

・ヒューナー検査

・通気、通水検査

・子宮鏡検査

・精液検査

・精巣の視診と触診

・超音波検査

・血液、ホルモン検査

病院治療にも詳しい妊活専門カウンセラー在籍 漢方のサツマ薬局