病院の検査(女性)

病院での不妊治療は、検査しながら治療に入る事が多いです。

一般的な検査をしながら、タイミング療法を行います。

検査は1~3ヶ月かかります

血液・ホルモン検査

採血し、血中のホルモン数値からホルモン分泌状況を調べる検査。
ホルモンの分泌状況から、子宮や卵巣の状態がわかります。

 

超音波検査

超音波を発する器具を膣内に入れたり、または腹部に当てる検査。
受診のたびにほぼ毎回行われます。

 

抗精子抗体検査

採血した血液に精子を加えて精子の動きを顕微鏡で観察する検査。
精子の侵入に対し、抗体がつくられてないかを確認します。

 

子宮頸管粘液検査

針のない注射器を膣から入れて、頚管粘液を採取し、肉眼や顕微鏡で観察する検査。
頸管粘液不全の可能性の有無や排卵日の予測をします。

 

ヒューナー検査(重要)

セックスした日または翌日に頚管粘液を注射器で採取、顕微鏡で精子の様子を観察する検査。

頸管粘液や精子の状態などを合わせて判断します。

 

通気・通水検査

水が炭酸ガスを使って卵管が通っているかを確認する検査。

卵管が狭くなっている場合、治療目的で行われることもあります。

 

・通気検査

膣からカテーテルを入れて炭酸ガスを送り、子宮内の圧力などを測定します。

 

・通水検査

膣からカテーテルを入れて生理食塩水を注入し、入った水の量を測定する。

 

子宮鏡検査

膣から子宮腔内へ子宮鏡を入れてモニターで観察する検査。

子宮内膜ポリープや子宮筋腫、子宮内膜の炎症・癒着があるかがわかります。

その場でポリープなどを切除する事もあります。

子宮携帯の異常の有無もわかります。

病院治療にも詳しい妊活専門カウンセラー在籍 漢方のサツマ薬局