Q 妊活中(不妊治療中)に飲まない方がよい薬はありますか?

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、とりわけインドメタシンは排卵を障害することから、化学療法は永続的に卵巣機能不全、無精子症の原因になりやすいと言われています。

生理痛などで痛み止めとして服用されている方には、やんわり根本的な原因を取り除く方法をご提案しています。

 

ただ、月に1回ぐらいなのに神経質になる必要はありません。

回数が多いな・・・と感じているなら、原因を探して改善する方法を早く探るのがいいでしょう。

 

※1

NSAIDsとは抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称

一般的には、疼痛、発熱の治療に使用される“解熱鎮痛薬”とほぼ同義語として用いられています。
市販薬の痛み止めのほとんどがこのタイプとなります。

 

 

また、下剤関連は流産を引き起こす可能性があります。

便秘体質の方は、できれば根本的な解決を今から実践された方が良いですね。

 

<漢方のサツマ薬局 スタッフブログ>

【驚】その常備薬が実は妊娠を遠ざけていた・・・かも

 

病院治療にも詳しい妊活専門カウンセラー在籍 漢方のサツマ薬局
ネットから相談予約はこちらから