2017年 妊活応援レシピ 豚もも肉の煮豚 Vol.19

豚肉は腎を養って精力を高める働きがあるとされています。

体を潤わせる作用もあり、空咳、肌の乾燥や喉の渇き、母乳の分泌不足にも良いです。

牛肉よりもビタミンB1が多く含まれ、疲労回復効果も。

アレンジレシピも載せています。

豚モモ肉の煮豚

材料

豚もも肉ブロック
400g
野菜の切れ端
適量
400cc
砂糖
大2
大5
醤油 
大5
みりん
小2
茹でタマゴ
2〜4個
<アレンジレシピ1>
茹でた小松菜
適量
<アレンジレシピ2>
ご飯
適量
刻み海苔
適量


ブロッコリーと人参

1

野菜の切れ端(冷蔵庫に残っている野菜をお好みで適当な大きさに切ります)


豚もも肉の煮豚

2

牡蠣をボールに水を切って入れ、片栗粉(適宜)を振り入れて、ひだの部分の汚れを落とすように優しく混ぜます。

 

豚もも肉の煮豚

3

水と調味料、野菜と一緒に鍋に1をいれ、弱めの中火でアクを取りながらコトコト煮ます。

煮汁が綺麗になったら、落し蓋をして弱火で煮込みます。


豚もも肉の煮豚

4

1〜2時間煮た後、火をきり、そのまま漬け込んでおきます。

半日から1日置いておくと味が良く染み込んで美味しくなります。


牡蠣とほうれん草以外の材料を入れる

5

火を切ったら、茹でたまごをなべに入れて味を染み込ませます。

半熟卵の煮卵にしたい場合は、煮汁が常温まで冷めてから卵を入れます。

 


豚もも肉の煮豚

アレンジ1

<小松菜&煮豚>

茹でた小松菜にスライスした煮豚をのせ、煮汁をかけます。


焼豚丼

アレンジ2

<焼豚丼>

ご飯の上にネギスライス、煮卵をのせ、煮汁をかけ、刻み海苔海苔をちらします。


栄養士よりコツ・アドバイス

良質のタンパク質と、葉酸が美味しくいただけるレシピです。
時間はかかりますが、手間はかかりません。
残った煮汁で大根やすじ肉などを煮ても美味しいですよ。