2018年 妊活応援レシピ なすと豆のカレー Vol.24

暑い季節になってくると、カレーを食べたくなりますよね。

蒸し暑い日本の夏にピッタリなカレーです。

ナスは余分な体の水を出す作用があります。トマトは暑さを解消します。

豚肉は気を補う作用と血を補う作用があり、妊活には嬉しい補腎作用もあります。

にんにくとショウガが入っているので、冷やすだけでなく温める作用もあるので、エアコンで冷えた体にも優しいですよ。

切り干し大根とひじきの常備菜

材料(2人前)

豚ミンチ
150g
なす
1~2本
玉ねぎ
1個
大豆(水煮)、むき枝豆等の豆類
100~150g
ニンニク
1/2片
しょうが
1/2片
トマト缶
1缶
コンソメ
小1/2
カレールー
通常の1/2量
オリーブオイル
大1


玉ねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りにする

1

玉ねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りにする。


鍋にオリーブオイルを入れ、1を炒める。

2

鍋にオリーブオイルを入れ、1を炒める。

 

 


トマト缶と水とコンソメを加えます

3

香りが立ち、玉ねぎが透明になってきたら豚ミンチを加えて、パラパラになるまで炒めます。


玉ねぎを蒸し焼きに

4

豚肉から出た脂が澄んできたら豆類・トマト缶・水カップ1/2・コンソメを加えて中火で5分程煮込みます。

 


なすを3cm幅に切ります。

5

なすを3cm幅に切ります。

なすは太ければ半分か1/4に切って下さい。


火を止めて通常の半分量のルーを入れ溶かしてから、なすを加えます

6

火を止めて通常の半分量のルーを入れ溶かしてから、なすを加えます。

再度火をつけて、しばらく煮込みます。

なすは変色してしまうので、鍋に入れる直前に切ります。

 

 


お好みでネギを入れる

7

とろりとしてきたら、味をみて薄いようであればルーをお好みの味になるまで加えてください。

しょうゆ・ウスターソースなどをプラスしてもおいしいですよ。

ご飯にカレールーをかけてできあがり。

 

 


栄養士よりコツ・アドバイス

なすは利水効果がありますが、体を冷やしてしまうので、しょうが・ニンニクをプラスして体を温めます。
ごはんを雑穀ごはんや玄米ごはんにすれば、栄養価もアップします。