2018年 妊活応援レシピ ひじきと大豆の梅風味ふりかけ Vol.26

身体の良いものを摂りたいと思っていても、朝昼晩、毎日の事となるとしんどくなりますよね。

そんな時には、作り置き可能なレシピで。

アレンジもしやすいので、あきることもないですよ。

 

ひじきは貧血に良いですし、むくみ予防にもうってつけ。

お肌にも良いですから、妊活だけでなく多くの女性に摂ってもらいたいです。

大豆はイソフラボンに目がいきがちですが、胃腸の機能を高めてくれる食材です。

食物繊維も豊富ですよ。

ひじきと大豆の梅風味ふりかけ

材料

乾燥ひじき
10~15g
大豆水煮
1缶
梅干し
大2粒
いりごま
大2
じゃこ 
30g
●砂糖
大1
●醤油
大1
●みりん
大1
ごま油
小1
適宜

※塩分が気になる方や手軽に作りたい方は梅干のうち1粒を梅干エキスに置き換えてください(梅干大1粒+●梅干エキス5g)


ひじきを水で戻しておく

1

ひじきを水で戻しておく。(たっぷりの水に20分程度つけてから、水で軽く洗います)


梅干の種を取り除き、包丁で刻んでおきます。

2

ひじきを2cmくらいに切り、梅干は種を取り除いて包丁で刻んでおきます。


乾煎りしたひじき

3

フライパンにしっかり水気を切ったひじきをいれ、2分程度乾煎りします。

(油はひかない方が、味がしっかりしみ込みます)


玉ねぎを蒸し焼きに

4

大豆と●の調味料を入れ、弱火~中火で汁気が少なくなるまで煮詰めます。

梅肉エキスをお使いの場合はあらかじめ砂糖と混ぜておくと、混ぜ合わせやすくなります。

 


じゃこと、いりごま、梅干をお使いの場合は刻んだ梅干を加えます。

5

汁気が少なくなったらじゃこと、いりごま、梅干をお使いの場合は刻んだ梅干を加えます。


弱火で汁気がなくなるまで炒ります。

6

弱火で汁気がなくなるまで炒ります。

 

 


ひじきと大豆の梅風味ふりかけ

7

火を止め、ごま油を加えて混ぜればできあがりです。

 

 


お好みでネギを入れる水とコンソメを加えて、煮立ったらあくをとります。

8

できあがったふりかけは粗熱をとって、冷蔵庫で保存します。

4~5日で食べきれない分は冷凍しておくと1ケ月程度おいしくいただけます

 

 


簡単混ぜご飯おにぎり

★アレンジレシピ 簡単混ぜご飯★

ふりかけとご飯を混ぜておにぎりを。

 

 


スープパスタ

★アレンジレシピ 白和え★

豆腐の水切りをする。

そして、豆腐をフォークで崩して、ひじきと大豆のふりかけを適量混ぜます

 

白和え

 

 


栄養士よりコツ・アドバイス

※塩分が気になる方や手軽に作りたい方は梅干のうち1粒を梅干エキスに置き換えてください(梅干大1粒+●梅干エキス5g)
他にも、卵焼きなどと混ぜるとお弁当のおかずとしても使えますね。