No.0036 自分は何で悩んでいるか知ってます?

子宝相談では、生活でのアドバイスなどもしています。

ですが、あれを食べましょう、これを食べましょう、この運動をしましょう・・・・という話しはほんの少しだけです。

基本は悩み事を一緒に考える事が多いです。

仕事の悩みとか、夫との関係もしくは妻との関係とか、いろいろありますが、やはり妊活となると「ステップアップ」に対するお悩みはとても多いです。

 

「先生、どうしたらいいでしょう?」なんて言われたら、そりゃ漢方で身体のバランスを整えて、運動もして温灸などもして、もちろんご主人にも協力してもらって、ちゃんと寝て、なるべく早く体外受精で採卵してしまうのが妊娠への近道だとは思います。

 

ですが、こんな簡単にはいかないのが人間です。

 

そして体外受精をしてしまえば、ほとんどの人が授かるって訳じゃないのも事実です。

 

 

前にも書きましたが、ご自身が心にストンと落ちてなければ体外受精で不成功でも授かっても後悔する事があります。

なので、一緒にそこは答えを出していきます。

正解は人それぞれとなります。

体外受精が正解とも、自然妊娠が正解という事もありません。

 

そして、体外受精に進もうと頭では理解しているけれど、心のどこかが引っかかっているという人にも出会います。

 

どうしてだと思いますか?

 

 

何で悩んでいるのか?

何で引っかかっているのか?

実は、御本人がよくわかってない場合もあるのです。

 

 

いろいろとお話しながらその人の価値を共有していきます。

 

 

体外受精にしたいけれど、引っかかっている理由は人それぞれ。

 

金銭的なこと。

身体への負担(副作用など)。

将来、子供への影響。

周り目や周りの意見。

ここまでやらないといけないのかなという気持ち。

通院するための負担。

ここまでして失敗したらどうしよう・・・という不安。

 

などなど。

 

詳しく話しを聞けば、ほとんどの方がご自身で解決されます。

自分で「そうそう、そうなのよ」と思える事が大切です。

 

 

自分ではわかっていたようなつもりでいても、改めて人から声に出して聞かれると

「えーっと、なんでだろ?」

と思うことも珍しくはないですよ。

よくあるのは、自分で強く思い込んでいる事に大して私が

「それはどうしてですか?」

と聞き返すと

「・・・・。どうでしてなんでしょうね??」

と自分でもわからない事。

私もですが、わかっているようで、わかってないですよね、自分のことって。

 

 

相談するって大した事ないように思いますが、妊活のコツだと私は強く思います。

妊娠に直接関係ないことも、口に出して相談すると、気持ちが楽になりよい影響が出ますよ。

 

お電話でのご相談