No.0008 甘いものは癒される!?

「イライラ~~~!」とする事ある人、手を上げて!

仕事をしている女性や子育て中の女性だとイライラする事ってありますよね。

というか、すぐにイラっとする私はイライラしない人っているの?とすら思います。

 

では、そのイライラどのように解消していますか?

「甘いものを食べると癒やされるんですぅ~(^^)」

そんな方、実に多いです。

お気持ちわかりますよ。

夜中に無性にチョコレートを食べてしまうって方もおられました。

でもね、夜中にチョコレートを食べてしまう方はストレスが貯まっている方ととある先生は言っていました。

その心を癒やしてくれると思っている甘いスイーツ、実は不妊を招く可能性の高い物であり、依存性も高くなかなか辞めることができません。

特に多嚢胞性卵巣症候群の方は、悪い炭水化物を減らすと改善傾向があると言われてます。

悪い炭水化物というのは、血糖値がすぐに上昇する炭水化物です。

残念ながら甘いお菓子も含まれています。

ちなみに良い炭水化物というのは、豆や野菜、玄米や全粒粉パンなどです。

特に缶ジュースやコンビニなどで売っている甘いカフェオレなどは要注意です。思っている以上に当分が入っています。

これらは血糖値を急上昇させ、インシュリンを過剰に分泌させていると卵巣に作用して男性ホルモンを多く分泌させます。

 

排卵障害のある人は得に気をつけてくださいね。

 

ど~しても甘いものを辞められない方っています。依存性が高いですから。

そんな方はまず空腹時に甘い飲み物や菓子パンなどをパクパクパクと食べることを控える事にしましょう。
どうしても甘いものを食べたい時は、食後のデザートとして少量食べるなどにするといいですよ。

あと、ながら食べも食べ過ぎる危険が高いので食べる時は食べる事に集中するのもポイントです。

 

病院治療にも詳しい妊活専門カウンセラー在籍 漢方のサツマ薬局