子宮内膜が薄くて移植できない~PRP療法~

PRP療法は再生医療の一種で、最近不妊治療に利用されつつあります。

実施できる施設は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」により、厚労省の認可が必要となり、限定された施設でのみ治療が可能。

PRP療法とは

PRP療法とは再生医療の一種で最近ではスポーツ選手の痛み、腱や筋肉の損傷の治療に使われています。

ご自身の血液由来の多血血小板血漿を用いた療法です。

血液を遠心分離して調製した血小板を多く含む血漿です。

血小板の中には組織修復を促進する物質が含まれており、それらが損傷部位に直接働きかけて細胞増殖を促進し、修復機能を高め、自然治癒力によってケガや病気を治療するのがPRP療法です。

 

PRPの主成分は血小板。血小板は血液に含まれる成分であり、指を切った時などに出血を止める働きなどがあります。

血小板は血小板由来成長因子、血管内皮細胞増殖因子、上皮細胞成長因子、線維芽細胞増殖因子などの様々な成長因子を含んでいます。

 

この技術を不妊治療に応用。

 

子宮内膜が7mm以下の方への移植は着床率が悪くなり、移植自体を延期する事もあります。

なので子宮内膜を厚くしておきたいけれど、なかなか厚くするのは難しい。

そこで、PRP療法。

PRPを子宮内に注入すると、これらの成長因子が子宮内で放たれます。

そして、子宮内膜で細胞の成長が促進され、子宮内膜が厚くなることが期待できます。

 

内膜が薄いため移植できなかったり、不成功に終わっていた方にとっては、移植した胚が着床しやすくなるので妊娠の可能性が高くなります。

どこでもできるわけではない

実施できる施設は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」により、厚労省の認可が必要となり、限定された施設でのみ治療が可能。

2019年12月現在、できる施設は関西では数箇所のみです。

安全性は? 効果は?

自分自身の血液を使い、培養もしないので安全性は高いと思われます。

重い副作用も考えにくいです。

ただ、治療をする際の針を指したりする痛みや赤み、灼熱感や皮下出血などは肝がられます。

 

効果は即効性はないですが、数ヶ月かけての組織の修復がおこり自然な効果が期待できます。

繰り返し治療する事ができ、また自分自身の組織を修復する治療のため、長期に渡って効果があります。

漢方では血虚やオ血の改善

子宮内膜が薄い状態を漢方では「血虚」や「オ血」がある状態と考えます。

 

妊娠成功のためには、血の流れを良くし、古い汚い血を取り除き、血を増やす事をします。

血の流れは、余分な水(水毒)状態でも起こるし、気の流れが滞ってもおきます。

 

ふかふかな大地に植物の種を植えるように、柔らかくふかふかな内膜の方が着床しやすいですよね。

 

もし、病院で出されている不妊治療の薬の影響で内膜が薄くなっている状況であれば、少しの間そのお薬をストップしたり、先生に伝えて違う薬にすると変化が出てきます。

 

自分でできるのは、血行を良くし血を増やす(減らさないようにする)事です。

甘いものやチョコレートなどは、水毒体質を増長させ、血の流れも悪くさせるので控えるようにし、ストレスもためないようにカウンセリングを利用したり、運動したりするのも方法です。

運動は血行を良くするので適度な量されるのをオススメします。

血を増やす漢方を服用することもオススメですが、ちゃんと睡眠する事も大事です。

「血」は寝ている間に作られますので、血が不足している状態の方は睡眠を大切にしてください。

 

お電話でのご相談