生理について

生理の役割とは

生理が来ると

「ガーン」

となって落ち込む方も多いと思います。

 

しかし、生理は「排泄」という役割があります。

デドックスするチャンスです。

 

しっかりデドックスするためには、なるべくお酒も飲まず、無理をしないでこの日は過ごしてもらいたいです。

生理が来ている事は、子宮も一生懸命働いてるのです。

思うような結果でなくても、翌月以降の準備もしています。

また、経血の状況は身体からのサインです。

ご自身の体調を知る一つの手がかりにもなります。

悲しんでばかりはいられない!素早くチェックです。

 

経血の量、色、周期、どんな感じ?

●生理周期が長い(32日以上)
基本的な生理周期は28日と言われています。

それが30日以上が当たり前のタイプの方もいます。

例えば40日周期で生理になるタイプの方など。

それは、「血虚(けっきょ)」や「気虚(ききょ)」という状態とされています。血や気の栄養が不足している、量が足りてない状態になります。

 

●生理周期が短い

生理周期は28日が基本的な周期と言われています。

しかし、早く来る方も。

それは「腎虚(じんきょ)」だったり、「血熱(けつねつ)」という状態だったりします。

お酒などは控えめにされる事をオススメします。

 

●生理周期が不安定

「肝気鬱結(かんきうっけつ)」や「腎陰虚(じんいんきょ)」状態とされています。

ストレスが多かったりすると生理周期が乱れる事はよくあります。

漢方も良いですし、カウンセリングでストレスを軽減するのも大切です。

 

●生理量が多い・レバー状の塊が出る

食べすぎや環境ホルモンの影響、肝機能の低下などが考えられます。

良くない油の摂りすぎにも注意です。

子宮の感受性の低下の可能性も。

また、「血虚(けっきょ)」という状態の場合にも量が増える事があります。(減ることもあります)

塊が出るのは「オ血(おけつ)」の状態と捉えます。

 

●生理が出て止まらない

「脾不統血(ひふとうけつ)」状態、または「血虚(けっきょ)」の可能性もあります。

漢方であっさりと止まることもありますよ。

 

●経血の色が薄い

サラサラとして薄い色の場合は「血虚(けっきょ)」状態です。

またはパワー不足のことも。

 

●生理痛

月経異常と捉えます。改善すると痛みがなくなります。

子宮や骨盤のゆがみ、内臓下垂から来る場合も。

あまりに強い痛みは、子宮内膜症や内膜増殖症の場合もあります。

漢方では「オ血(おけつ)」と捉えます。

単純な「オ血(おけつ)」の場合もありますが、様々な要因が絡んだ「オ血(おけつ)」もあります。

その場合は、そこにアプローチするような漢方を飲みます。

 

どう対応していく?

症状にあった漢方を飲むという方法もあります。

また、食事内容を変えていくのもあります。

今、「妊活しようかな」と迷っている人であれば、まずは食事内容を見直すところから始められると良いでしょう。

迷っている時間にもできる事はあります。

 

オメガ3の油をなるべく摂りましょう。

オメガ3は亜麻仁油やえごま油、インカインチオイル、魚油などです。

また、砂糖やもち米を使った物を食べるのを減らしましょう。

 

できれば多様性を認め、広い視野をもつ事でストレスを軽減させるのも大切です。

強いストレスはあなたの身体のパフォーマンスを低下させます。

 

そして、現代女性は冷えやすい環境にいます。

冷たいカフェオレや緑茶など手軽に飲めます。

おしゃれな服装は、冷える格好の事が多いです。

湯船に何年も浸からず、シャワーで済ませる女性も多くなってきています。

 

病院ではできない事もありますよ。

 

妊活ピラミッドを参考に、できる事をやっていきましょう。

⇒妊活ピラミッド

お電話でのご相談